光回線の代理店は儲かる?契約の仕組みと代理店のメリットを解説!

光回線を取り扱っている代理店は非常に多く、保険・ガスなどと同じように人気の商材となっています。

他業種の商材に比べて報酬が高いことや、対象となる顧客層が広いことが人気の理由となっています。

今回は光回線の契約の仕組みや代理店になるメリットを解説します。

光回線の代理店は儲かるの?

光回線の代理店は儲かる?

結論として、光回線の代理店は儲かるといえるでしょう。
儲かるため代理店をを活用して販路を広げています。

通常、代理店を行う上での考え方は2つあります。

  1. 自社のリソース(人員・マーケティング力。顧客リスト)などを活用して多くの契約を獲得する
  2. 自社の商品・サービスの提案の一部として光回線を提案し、契約を獲得する

例えば、後者の場合は、住宅販売やリフォームなどを行っている会社の場合など、住宅販売を行ったうえで、プラス光回線も合わせて提案し、契約を獲得するという方法になります。

前者の場合は、自社の保有する営業人材(電話営業・対面販売など)やマーケティング(ホームページやSNSで集客)し、多くの契約を獲得し、売上を上げる仕組みです。

光回線の契約の仕組み

販売代理店|取次店

光回線の導入を考えている方(利用者)が、代理店のことで知っていたい内容は以下の3つです。

本店と代理店ではサービスに違いがあるケース

正規代理店と従来のサービスの中で、そのまま提供している代理店もありますが、一部のサービスが未提供の代理店もあります

例えば、「ひかり電話」や「ひかりTV」などのサービスを取り扱っている正規代理店もあれば、取り扱っていない正規代理店もあります。

光回線の代理店を選択する際には以下の事を確認しましょう。

  • 正規代理店のサービスおよび、オプションサービスを利用できるか
  • 未提供のサービスが不要かどうか

光回線の代理店になるメリット

顧客層が広い

今の時代では一人一台スマートフォンもしくはパソコンを持っている時代です。

そのため、まだ導入していない自宅や店舗では老若男女問わず光回線を求めている方が多くいます。

光回線は回線の速度も速く、「Wi-Fi = 光回線」という認知もされているので、販売がしやすく需要も多くある商品となっています。

メーカーの名前を使って営業をできる

光回線のサービスを行っているメーカーは一般的に名前が知られている会社が多いです。

サービス名に会社の名前が入っているため、(〇〇光、〇〇ひかり など)不信感を持たれずにサービスの提案をすることができます。

報酬が高い

光回線の報酬は、ほかの商材に比べても高い傾向にあります。

一契約当たりの報酬は、サービスや契約内容によって異なりますが、10,000 ~ 30,000 円程となっています。

とある会社の光回線の売上シュミレーションによると、以下のようになります。

  • 光回線
    30,000円×15件=45万円
  • モバイルルーター(モバイルWi-Fi)
    10,000円×10件=10万円
  • 格安SIMやスマホ

    ショット報酬+ストック報酬
     合計 55万円~/月

まとめ

まとめ

光回線の代理店がどのようなものか、代理店になるメリットなどご理解いただけましたでしょうか?

光回線を含め、通信商材は参入者が多いと言われていますが「稼げるからこそ参入している」と言われています。

しかし、誰もが同じように成功しているわけではありません。

今回の光回線に限らずどんな商材でも、本部のノウハウをしっかりと見極め、あとは自分の実力と頑張り次第で大きく稼げる金額が変わってきます。

-お役立ちコンテンツ